売上を上げる

店舗サマリー

売上高、来店者数、成約率、客単価を一目で確認できる機能です。3Dグラフを用いた視覚的効果の高い表示機能が備わっていますので、売上動向が直感的に把握できます。
まずは、売り上げを上げるための改善項目を把握することから始めましょう。

来店者数を増やす

キーワード分析

来店者を増やすためには集客力の強化が必要です。
まずは、お客様がどの様な検索キーワードを用いて、あなたのショップに訪れたのかを把握する必要があります。 検索サイトの二大巨頭である、Yahoo! JAPAN及びGoogleに対応しています。

成約率を上げる

1.フロントページの改善

売れ筋商品を、販売数、売上高の視点から分析するための機能です。 この機能を活用して、ショップのフロントに売れ筋商品・目玉商品を掲載して、お店のアピールを効果的におこないましょう。

2.買いたい商品を薦める

お客様の購買動向から、より効果的なお薦め商品を分析するための機能です。 成約率を改善できるように、お客様1人1人に対して、最適な商品をお薦めしましょう。一般的にバスケット分析と称される手法で、ここでの分析結果は、ECサイト機能に備わっている商品レコメンド機能と連携させることで効果が期待できます。

3.年代別に商品を薦める(商品別)

年代別の売れ筋商品を一目で把握するための機能です。 年代と商品が分布図で表示されますので、各々の配置位置を視覚的に捉えることができ、関係性の強度が直感的に把握できます。 ※ユーザ属性として誕生日等の年齢を算出可能なデータを取得できていることが前提となります。

4.年代別に商品を薦める(商品カテゴリ別)

年代別の売れ筋商品カテゴリを一目で把握するための機能です。
年代と商品カテゴリが分布図で表示されますので、各々の配置位置を視覚的に捉えることができ、関係性の強度が直感的に把握できます。
※ユーザ属性として誕生日等の年齢を算出可能なデータを取得できていることが前提となります。

5.職業別に商品を薦める(商品別)

職業別の売れ筋商品を一目で把握するための機能です。 職業と商品が分布図で表示されますので、各々の配置位置を視覚的に捉えることができ、関係性の強度が直感的に把握できます。
※ユーザ属性として職業を取得できていることが前提となります。

6.職業別に商品を薦める(商品カテゴリ別)

職業別の売れ筋商品カテゴリを一目で把握するための機能です。 職業と商品カテゴリが分布図で表示されますので、各々の配置位置を視覚的に捉えることができ、関係性の強度が直感的に把握できます。 ※ユーザ属性として職業を取得できていることが前提となります。

客単価を上げる

ついで買い関連商品

紙おむつとビールの関係性についての話しはあまりにも有名ですが、ついで買いは客単価の向上とともに、サイトのロングテール化にも非常に効果的な手法です。 ネット上の店舗は、一般的なリアル店舗にはない商品の販売特性が見られます。ロングテールと言われているものです。数多くの商品をお持ちの店舗であっても、その商品の大多数は、お客様の目に触れておらず関心の外に追いやられていると言うのが実情です。この現象はパレートの法則と呼ばれるもので、別名2:8の法則などと言われるケースもあります。簡単に言ってしまうと、全体商品の20%が売り上げの80%を構成するというものです。 少し横道にそれますが、このパレートの法則というのは様々な所に見受けられます。働き蟻の法則という名前で、全従業員の中で、よく働くのは2割だけとか、納税義務者の上位20%が税金の総額の80%を負担している、といった具合にです。 話しをもとに戻します。この「ついで買い関連商品」を把握する機能では、パレートの法則によって80%の側に分類されるお客様の関心外の商品を、20%の側に存在する商品に関連付けることによって、効果的に客単価向上及びサイトのロングテール化を導くための施策アプローチが可能となります。 売上TARO↑を利用して科学的な分析アプローチを実施することで、商品アグリゲータとなってロングテールを目指しましょう。